院長紹介
  1. ホーム
  2. 院長紹介
  3. 論文・学会発表一覧

論文・学会発表一覧

ヘルニアに関する論文

1
Mesh-plug法による成人鼠径ヘルニア修復術の検討.
日本臨床外科医学会雑誌 57, 1872-1876, 1996
2
成人鼠径ヘルニアに対するmesh-plug法の手術術式と当院における治療成績.
北海道外科雑誌 42, 129-133, 1997
3
鼠径ヘルニアに対するmesh-plug法による修復を腹腔内より観察した1例.
内視鏡外科 3, 322-325, 1998
4
Infraumbilical hernia following laparoscopic cholecystectomy.
Complications in Surgery 17, 1998
5
Mesh-plugを用い局所麻酔下に修復した大腿ヘルニアの1例.
日本臨床外科学会雑誌 60, 3028-3031, 1999
6
Comparison of Bassini repair and mesh-plug repair for primary inguinal hernia: A retrospective study. Surgery Today 31, 610-614, 2001
7
Laparoscopic observation of mesh-plug hernia repair. Hernia 5 (Suppl.1), ppS47, 2001
8
Early results in 3-year comparison of mesh-plug repair and Prolene hernia system repair for primary inguinal hernia. Hernia Repair 2002, p64, 2002
9
Bard Composix Meshによる腹壁瘢痕ヘルニア修復術.
手術 56, 497-502, 2002
10
腹壁欠損に対する複合メッシュを用いた腹壁再建術.
臨床外科 57, 1099-1104, 2002
11
Prolene hernia systemを応用した腹膜外到達法による閉鎖孔ヘルニア修復術.
日本消化器外科学会雑誌 35, 1448-1452, 2002
12
DERMABONDを用いた手術創の閉鎖術.
臨床外科 58, 400, 2003
13
鼠径ヘルニア根治術のクリニカルパス.
臨床外科 58(増), 221-225, 2003
14
目で見る外科標準術式「大腿ヘルニア」.
臨床外科 59, 325-329, 2004
15
自作複合メッシュで修復した傍人工肛門ヘルニアの1例.
臨床と研究 82:553-556, 2005
16
独立型日帰り手術センターでの鼠径ヘルニア修復術.最新アッペ・ヘモ・ヘルニア・下肢バリックスの手術 改訂第2版 手術 59(別冊), 247-252, 2005
17
イラストレイテッド外科標準術式Vヘルニアの手術「大腿ヘルニア手術」.
臨床外科 61(増),355-359,2006
18
小児鼠径ヘルニアに対する外来手術.
小児外科 39,1389-1394, 2007
19
結び目の目立たない真皮水平マットレス連続縫合. 
臨床外科 64, 670-671, 2009

YouTube: Miyazaki Knot
20
腹壁瘢痕ヘルニア根治術ー開腹法ー.
外科治療 100, 688-696, 2009
21
成人鼠径ヘルニアに対するKugel法の治療成績.
臨床外科 65, 1565-1570,2010
22
無床クリニックで完成した鼠径ヘルニア外来手術.
岩手医科大学医師会報 110, 5, 2012
23
鼠径ヘルニアー皮膚切開を下げたKugel法ー.
手術 66, 537-540, 2012
24
吸収性マイクログリップ付きpolyester meshを用いたLichtenstein法.
外科 74, 609-612, 2012
25
成人ーUltrapro Hernia System (UHS) 法.
小児外科 44, 855-859, 2012
26
Direct Kugel Patch法.
消化器外科 36, 931-940, 2013
27
大腿ヘルニア根治術.
消化器外科 臨時増刊号(手術記録の書き方) 37, 733-736, 2014
28
吸収性マイクログリップ付polyester meshを用いたLichtenstein法. 最新アッペ・ヘモ・ヘルニア・下肢バリックスの手術 第3版 手術 69(増), 551-556, 2015
29
前方到達法による成人鼠径部ヘルニア日帰り手術〜ヘルニアクリニック12年間の治療成績〜. 北海道外科雑誌 60, 29-34, 2015
30
鼠径部ヘルニア診療ガイドライン2015. 日本ヘルニア学会ガイドライン委員会(編)(分担執筆:成人-日帰り手術を担当)金原出版, 2015
31
Prolene Hernia System and Ultrapro Hernia System for primary unilateral inguinal hernia repair: 3-year outcome of a prospective randomized controlled trial. Hernia 19 (Suppl 2), ppS115, 2015
32
再発鼠径部ヘルニアに対する鼠径部切開法.
臨床外科 71, 614-620, 2016
33
鼠径部ヘルニア修復術に用いる形状付加型メッシュの種類と特徴.
臨床外科 71, 1194-1200, 2016
34
鼠径部ヘルニア(鼠径部切開法)に用いる形状付加型メッシュの種類と使用法.
外科 79, 1266-1270, 2017
35
女性の鼠径ヘルニアに対するダイレクト・クーゲル法.
手術 72, 1005-1011, 2018
36
鼠径部ヘルニアの手術. (分担執筆:鼠径部切開法ーメッシュ法ーTIPP法を担当)
へるす出版, 2018

ヘルニア手術ライブ

1
ヘルニア手術ライブ~進化する鼠径ヘルニア修復術
第107回日本外科学会定期学術集会 ランチョンセミナー21 2007年4月12日

感染制御に関する論文

1
水道水とアルコールによる手術時手洗い後の手術部位感染に関する前向き研究:連続550例の検討
感染制御 1:291-294, 2005

乳癌に関する論文

1
マンモグラフィーと乳管造影が有用であった非触知乳癌の1例.
臨床と研究 76, 1984-1986, 1999

消化器外科に関する論文

1
門脈狭窄に対するExpandable metallic stentの有用性に関する実験的検討.
Metallic Stentの現況と進歩(1)212-213, 1998
2
Gianturco stents for the venous system: A detailed pathological study. Surgery Today 28: 396-400, 1998
3
Biological response to expandable metallic stents implanted into the portal vein. An experimental study in dogs. J Cardiovasc Suerg 41: 885-890, 2000
4
用手補助胸腔鏡下食道切除術にて切除した食道のいわゆる癌肉腫の1例. 
臨床と研究 78:713-716, 2001
5
腹腔鏡が有用であった横行結腸間膜裂孔ヘルニアの1例. 
臨床と研究 78:933-935, 2001

パンフレットなど

1
Prolene Hernia System (PHS)挿入の最大のコツ. 
PERSPECTIVES (ETHICON) No.6, 2001年7月
2
Mesh-plug法:ハンドブック. 
MEDICON 2002年4月
3
Bard Composix Meshを使用した腹壁瘢痕ヘルニア修復術:ハンドブック. 
MEDICON 2003年4月
4
「鼠径ヘルニア手術におけるSSI "ZERO" PERSPECTIVESを目指して」.
PERSPECTIVES (ETHICON) 2006年5月
5
「PROLENE* Soft Meshを用いたPre-fascial retro-muscular replacement」 PERSPECTIVES(ETHICON) 2007年11月
6
EXPERTから学ぶ鼠径ヘルニア手術~Bilayer Patch Device法.
ETHICON 2007年11月
7
EXPERTから学ぶ大腿ヘルニア手術~ULTRAPRO Plug法(大腿法).
ETHICON 2009年4月
8
EXPERTから学ぶ鼠径ヘルニア手術~ULTRAPRO HERNIA SYSTEM法.
ETHICON 2009年11月

国際学会での発表

1999年 The 5th Congress of East-Asian CICD (Seoul, Korea); Comparison of Bassini repair and mesh-plug repair for primary inguinal hernia: retrospective study.
2000年 HERNIA in the 21st CENTURY (Toronto, Canada); Comparison of Bassini repair and mesh-plug repair for primary inguinal hernia: retrospective study.
2001年 European Hernia Society 23rd International Congress (Milan, Italy); Laparoscopic observation of mesh-plug hernia repair.
2002年 Hernia Repair 2002 (Tucson, America); Early results in 3-year comparison of mesh-plug repair and Prolene Hernia System repair for primary inguinal hernia.
2005年 Hernia Repair 2005 (San Diego, America); Initial Experience of the Ambulatory Hernia Repair in Japan
2007年 3rd International Congress of the Asia-Pacific Hernia Society (Singapore); Ambulatory Groin Hernia Repair with Mesh Devices.
2008年 Hernia Update 2008 (Scottsdale, America); Ambulatory inguinal Hernia Repair with Kugel Type Mesh Devices: 1000 Cases Experience in 5 Years.
2015年 1st World Conference on Abdominal Wall Hernia Surgery (Milan, Italy); Prolene Hernia System and Ultrapro Hernia System for primary unilateral inguinal hernia repair: 3-year outcome of a prospective randomized controlled trial.
2016年 The 12th International Congress of the Asia Pacific Hernia Society (Tokyo, Japan);
1) Ambulatory groin hernia repair with anterior approaches - 5,000 cases experience in a hernia clinic.
2) Inguinal endometriosis: a retrospective study.

アメリカのヘルニアセンター訪問

1999年 The Hernia Center (New Jersey, USA)
The Hernia Center   Dr. Rutkow & Dr. Robbinsと共に
2000年 Mid-state Medical Center (Connecticut, USA)
Dr. Louis Meyerと共に   Local News paperに掲載されました
2002年 Hernia Institute of Florida (Florida, USA)
Hernia Institute of Florida  Dr. Gilbertと共に
2003年 Midwest Hernia Institute, Ameri Vein System (Illinois, USA)
Dr. Spitz & Dr. Edamotoと共に
  • 診療受付時間 月~金曜日 9:00 ~12:30 13:30 ~18:00 (第1・3木曜日は9:00~12:30) 土曜日 9:00~14:00 休診日 第1・3木曜日の午後、日曜日、祝日

    休診日のお知らせ

    学会出席などの不定期な休診は
    こちらからご確認いただけます

  • お問い合わせ 011-209-5285

    tel 011-209-5283

    お問い合わせ

    メールアドレス

    みやざき外科・ヘルニアクリニック公式 Facebookページ

    〒060-0005
    札幌市中央区北5条西2丁目5番地
    JRタワーオフィスプラザさっぽろ7F

    地図